• 庭園の概要
    世界文化遺産、国家4 A級の観光地、国家級重点文物保護単位、蘇州四大名園の一つ。は蘇州市市街区域の南東部城桥道幅が家を持って頭巷は11日、約120キロの距離上海虹橋国際空港。蘇州の典型的な府オタクの庭園は、我が国の江南で小型の古典の庭園の代表作品。 園の始まりは南宋淳熙年(西暦1174年)、元南宋士郎史正志引っ込む姑蘇に築の1基の府オタクの庭園で、府中蔵書万巻で、だから“万巻堂」、お向かい造花畑、号「漁隠」。 清乾隆年間(1765年前後)、光禄寺が少ない卿宋宗元購入万巻堂旧跡重治別業、築園その、ビル、閣、台、亭などと、12景、名づけて「網師小筑」。 乾隆末(1795年)、太倉豪商瞿远村買ってこの園、ティム築梅石山の部屋、小山丛桂轩、濯房釣り殿、踊と館、月から風亭、雲崗、竹のほか一枝軒、集虚斎などの建築として、現在のレイアウトの基礎は、そのまま「網師」古い名、園主以前姓、だからまた“瞿园」、「蘧園れ」。 同治年間、網師園は江蘇検察官李鸿裔すべて、もっと園の名は「苏邻小筑」。 李鸿裔の死後、嗣子少ない眉がその園に続いて、光緒二十二年(1896年)、増築撷秀階。光緒三十三年(1907年)、園帰光緒の朝将軍は桂。 辛亥革命の後、東北軍閥の張作霖を30万両銀桂の手から購入できるこの園は、6年(民国1917年)には、その師张锡銮作慶寿ラヴ易名「逸園」、また「張家ガーデン」で、築館、道古轩、殿、春簃ざる月亭诸胜...
  • もっと>>

 春簃殿  |  琴室  |  五峰本屋  |  集虚斎  |  竹のほか一枝軒  |  読んで絵を松軒  |  月から風亭  |  濯房釣り殿  

 雲崗  |  引静橋  |  はしご霧箱  |  踊と館  |  撷秀階  |  門  |  かごのホール  |  万巻堂  |  小山丛桂轩

友情链接 :苏州园林名录专栏 |  狮子林 |  平江路 |  拙政园 |  沧浪亭  |  石湖 |  星苏网
设计制作:星苏网团队  技术服务:苏州苏恒网络科技有限公司  电话:0512-62992190